ショッピング枠現金化がバレる理由・バレやすい人の特徴とは?

ショッピング枠現金化がバレてしまった人 ショッピング枠現金化の危険性や注意点
この記事は約7分で読めます。

ショッピング枠現金化はクレジットカード会社の利用規約に反する行為です。

そのためショッピング枠現金化をする際には、クレジットカード会社にバレないように注意する必要があります。

本記事ではショッピング枠現金化がバレる理由や、バレやすい人の特徴を詳しく解説して参ります。

また記事の最後には、バレずに行うショッピング枠現金化の方法もご紹介します。

クレジットカード会社はショッピング枠現金化を禁止している

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社はショッピング枠を現金化する行為自体を禁止しています。

クレジットカード会社にショッピング枠現金化がバレてしまうと、「強制退会」といったペナルティが課せられてしまうので注意しなければいけません。

また実際に逮捕者はいないものの、クレジットカードのショッピング枠現金化を行うと、横領罪や詐欺罪に問われる可能性もあるので、注意しなければいけません。

ショッピング枠現金化がバレる理由とは?

手錠

クレジットカード会社は利用者のカード決済状況を把握することができます。

またカード会社は利用者のカード決済状況を自動探知システムによって検知しており、少しでもショッピング枠現金化の疑いがある利用者に対しては、過去の決済履歴を遡って、ショッピング枠現金化の事実はないかをチェックしています。

それではより具体的に、ショッピング枠現金化がバレる理由について詳しく見ていきましょう。

①換金率が高い商品を大量に購入している

新幹線回数券やブランド品などは換金率が高く、ショッピング枠現金化にしばしば使われる商品です。

そのため新幹線回数券やブランド品などを大量に購入していると、ショッピング枠現金化が疑われてしまいます。

自分でショッピング枠現金化を行う際には、換金率が高い商品を大量に購入しないように気をつけましょう。

具体的には、3万円以上の商品を購入しないようにしてください。・

②カードの購入内容が不自然

例えば沖縄県にお住いの方が、東京ー大阪間の新幹線回数券を購入したり、普段ブランド品を全く購入しない方が急にブランド品を大量購したり、最新のゲーム機を何台も購入するのは、明らかに不自然な行為です。

このように不自然なクレジットカード利用をしてしまうと、ショッピング枠現金化がバレてしまうので注意しましょう。

換金率が高い商品を購入する際には、一度自分の状況や過去のクレジットカード利用歴を振り返って、不自然さはないかどうかを確認してください。

ショッピング枠現金化がバレやすい人の特徴

続いてショッピング枠現金化がバレやすい人の特徴を解説して参ります。

具体的には、以下のチェックポイントに当てはまる方は、ショッピング枠現金化の際に注意してください。

①キャッシング枠が一杯である
②クレジットカードの支払い滞納歴がある
③金融ブラックに登録されている

順番に解説して参ります。

①キャッシング枠が一杯である

クレジットカードにはキャッシング枠がついており、キャッシング枠を使って借金をすることができます。

しかしながらキャッシング枠が一杯になってしまうと、当然ながらそれ以上借金をすることはできません。

キャッシングが一杯にになってもショッピング枠は利用することができるため、キャッシングができない利用者はショッピング枠現金化に手を出す可能性が高くなります。

クレジットカード会社もその事実を把握しているため、キャッシング枠が一杯の方に目をつけて、カードの利用状況を厳しく見張っているのです。

キャッシング枠が一杯の方が、新幹線の回数券などを大量購入すると、すぐにショッピング枠現金化がバレてしまいますので、注意してください。

②クレジットカードの支払い滞納歴がある

クレジットカードの支払いを滞納している方、滞納した過去がある方も、ショッピング枠現金化に手を出す可能性が高いとチェックされています。

またクレジットカードの支払いを滞納してしまうと、クレヒスが悪くなってしまいます。

クレジットカードの更新が不可能になってしまったり、利用限度額が下げられてしまうこともあるので、注意しましょう。

③金融ブラックに登録されている

クレジットカードの支払いを滞納したり、債務超過に陥ってしまったり、債務整理を行ったことがある方は金融ブラックに登録されているかもしれません。

金融ブラックの方は、お金に困っていることが多く、特にショッピング枠現金化をする可能性が高くなります。

上記に当てはまり、金融ブラックに登録されているかもしれないと不安の方は、ショッピング枠現金化は控えた方がいいでしょう。

クレジットカード会社にバレずにショッピング枠現金化を行う方法はある?

足かせ

最後にクレジットカード会社にバレずにショッピング枠現金化を行う方法をご紹介します。

「クレジットカード会社にショッピング枠現金化がバレたくない…」

「クレジットカードが利用停止になりたくない」

という方は、以下の方法を試してみてください。

①少額のショッピング枠を現金化する

一度に高額なショッピング枠現金化を行ってしまうと、カード会社に怪しまれてしまいます。

そのためショッピング枠現金化を行う際には、1~3万円程度の少額のカード決済に留めましょう。

②複数枚のカードでショッピング枠現金化を行う

一度に大量のショッピング枠現金化を行うと、クレジットカード会社に疑われてしまいます。

「ただそれでも多くのお金が必要…」

という方は、複数枚のカードを使って少額づつショッピング枠現金化を行うようにしましょう。

しかしながら同一ブランドのクレジットカードでショッピング枠現金化を行ってしまうと、ショッピング枠現金化がバレてしまいます。

複数枚のクレジットカードでショッピング枠現金化を行う場合には、別ブランドのクレジットカードを利用するようにしてください。

③キャッシングを利用しない

キャッシングを利用すると、ショッピング枠現金化に手を出す可能性が高いと判断されてしまいます。

そのため可能な限り、クレジットカードのキャッシング機能は利用しないようにしましょう。

またクレジットカードの設定によっては、キャッシング枠はゼロにすることができます。

不要な方は、キャッシング枠をゼロにしてしまいましょう。

④クレジットカードの支払いを滞納しない

クレジットカードの支払いを滞納すると、カード会社からの信用評価が低くなってしまいます。

ショッピング枠現金化が疑われる原因にもなるため、クレジットカードの支払いは滞納しないようにしましょう。

⑤普段使いしているクレジットカードでショッピング枠現金化をする

普段全く使わないクレジットカードをショッピング枠現金化に使用すると、現金化が疑われてしまいます。

そのためショッピング枠現金化に使用するクレジットカードは、普段から支払いなどに使用しているカードにしましょう。

普段から使用しており、支払い実績があるクレジットカードは、カード会社からすると「優良客」と見なされます。

ショッピング枠現金化の疑いをかけられるリスクも少なくなるため、安心して現金化ができます。

まとめ

ショッピング枠現金化は誰でも簡単にお金が手にできる一方で、クレジットカード会社が禁止しているという点には注意しなければいけません。

特に換金率が高い商品を大量に購入したり、不自然なカード決済を繰り返している方はショッピング枠現金化がバレてしまうので注意しなければいけません。

クレジットカード会社にバレずにショッピング枠現金化を行うのであれば、クレジットカードの支払いを実績をよくしたり、キャッシングを利用しないといった工夫をしましょう。

また確実にカード会社にバレることなく、安全にショッピング枠現金化をしたいのであれば、現金化業者のご利用がオススメです。

現金化業者を利用すれば、換金率の低い商品をショッピング枠現金化に使用するため、クレジットカード会社に目をつけられることはありません。

現金化業者によっては決済代行会社を利用していることもあり、その場合、クレジットカード会社は利用者の決済状況を把握することができません。

より安全に、ショッピング枠現金化をすることができます。

自分で商品を転売して行うショッピング枠現金化は、カード会社にバレる可能性が高いため、安心してショッピング枠現金化をするのであれば、現金化業者を利用しましょう。