飲み会でショッピング枠現金化が自分でできる?

乾杯をする様子 ショッピング枠現金化の活用方法
この記事は約7分で読めます。

飲み会などの会計時に、自分でショッピング枠現金化ができるのをご存知だったでしょうか?

本記事では飲み会を使ってショッピング枠現金化をする方法やメリット・デメリットを詳しく解説して参ります。

「自分でショッピング枠現金化をしたい」

「100%の換金率でショッピング枠現金化ができる方法を知りたい」

という方は、参考にしてください。

飲みを使ってショッピング枠現金化をする方法

飲み会を使ってショッピング枠現金化をする方法を順序立てて解説していきましょう。

①飲み会をセッティングする

まずは飲み会をセッティングしてください。

最後にお会計ができるように、なるべくなら幹事という立場になったほうがいいでしょう。

②お会計を自分のクレジットカードで支払う

お会計の際には、自分が会計を立て替えるように名乗り出てください。

また会計時には、自分のクレジットカードで支払いをすることが重要です。

ショッピング枠現金化をするために、くれぐれご注意ください。

③お会計後、参加者から現金で会費を徴収する

クレジットカード会計が終わった後でも、支払いをする前でも構いませんが、参加者から現金で会費を集めてください。

そうすればクレジットカード会計を行ったにも関わらず、自分の財布には現金が残ることになります。

これが飲み会を使ったクレジットカードのショッピング枠現金化の方法です。

飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法は応用が効く

飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法は、飲み会以外にも活用することができます。

基本的な仕組みは、クレジットカードで支払いを立て替えて、立て替えた分を現金で受け取るというものです。

そのため友人や家族の買い物を代行し、お会計は自分のクレジットカードで支払って、現金を受け取れば、簡単にショッピング枠現金化ができることになります。

飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法は、日常生活にいくらでも応用させられます。

ショッピング枠現金化のチャンスですので、機会を逃さぬように注意してみましょう。

飲み会を使ったショッピング枠現金化のメリットとは?

ビールで乾杯をする

続いて飲み会を使ったショッピング枠現金化を行うメリットを詳しく解説していきましょう。

具体的には以下の点がメリットとして挙げることができます。

  • 100%の換金率でショッピング枠現金化ができる
  • ポイントが貯まる
  • クレジットカード会社にバレることがない

順番に詳しく解説していきましょう。

①100%の換金率でショッピング枠現金化ができる

ショッピング枠現金化は現金化業者を使ったり、ブランド品などを転売することでも行うことができます。

しかしながらその際には買取手数料などがかかってしまうため、100%の換金率でショッピング枠現金化をすることはできません。

一方で飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法ならば、クレジットカードで支払いをした分は全額、現金で受け取ることが可能です。

したがって100%の換金率でショッピング枠現金化をすることができるのです。

確実に100%の換金率でショッピング枠現金化ができるのは、飲み会を使った方法以外にありません。

②ポイントが貯まる

クレジットカードで支払いをすることで、ポイントを貯めることができます。

ポイントはクレジットカードのポイントやホットペッパーなどグルメサイトのポイント、飲食店のポイントなど様々です。

貯まったポイント分を現金化すれば、さらに多くのお金を手にすることができます。

そのポイント分を換算するのであれば、飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法は100%以上の換金率となります。

またお店によっては「幹事一人分無料」としていることもあります。

そのようなお店を利用すれば、自分の分の会費はタダになり、さらに高換金率でショッピング枠現金化ができるでしょう。

③クレジットカード会社にバレることがない

ショッピング枠現金化はクレジットカード会社の利用規約上、禁止されている行為です。

クレジットカード会社は利用者のカード決済の内容から、ショッピング枠現金化を行った人を見つけ出します。

例えばブランド品や新幹線回数券などを大量に購入すると、カード利用内容をチェックしたクレジットカード会社にショッピング枠現金化がすぐにバレてしまうことになるのです。

一方で飲み会を使ったショッピング枠現金化の場合、カードの決済履歴に残っているのは「飲食店でのクレジットカード支払い」だけです。

飲食店でクレジットカードを使うのは当たり前の行為ですし、ショッピング枠現金化が疑われることはありません。

したがって飲み会を使ったショッピング枠現金化ならば、クレジットカード会社にバレることなく安全にショッピング枠現金化をすることができます。

クレジットカード会社にショッピング枠現金化がバレると

  • クレジットカードが利用停止になる
  • ブラックリストに追加される
  • 残高の一括請求を命じられる

といったペナルティが課せられてしまいますが、飲み会を使ったショッピング枠現金化ならばその心配は不要です。

飲み会を使ったショッピング枠現金化のデメリット・注意点

ワイングラス

飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法には、注意点やデメリットも少なからず存在します。

具体的には以下の通りです。

  • 手間と時間がかかる
  • 何回も利用できる方法ではない
  • バレると信用を無くす
  • 手にできる金額が少ない

詳しく解説していきましょう。

①手間と時間がかかる

飲み会を使ったショッピング枠現金化は、まず飲み会をセッティングする必要があります。

またお金が必要なときに簡単に用意できる方法ではなく、手間と時間がかかるという難点があるでしょう。

当然ながら、今すぐにお金が必要なときには利便性は低いと言えます。

②何回も利用できる方法ではない

飲み会を使ったショッピング枠現金化は、何回も利用できる方法ではありません。

1ヶ月にそう何回も飲み会があるわけではなく、また全ての会計を自分が引き受けるのも難しいでしょう。

また何度も飲み会を開いて、その都度自分で支払いをしていたら、

「クレジットカードのショッピング枠現金化をしているのではないか」

「クレジットカードのポイント目的で飲み会を開いているのでは?」

と感づかれてしまいます。

③バレたら信用を失う

飲み会を利用してショッピング枠現金化を行っていたことがバレてしまうと、飲み会に参加していた人から信用を失ってしまいます。

友達や上司、部下といった人間関係が崩れてしまう可能性もゼロではありません。

④手にできる金額が少ない

飲み会を使ったショッピング枠現金化で得られるお金は多くても2万円程度です。

また飲み会を使ったショッピング枠現金化は、そう何度も実践できる方法ではないため、多くのお金を手にすることはできません。

まとめ

飲み会などで支払いを立て替え、クレジットカードで支払いを済ませて代金を受け取れば、ショッピング枠現金化をすることができます。

この飲み会を使ったショッピング枠現金化の方法は、

  • 100%の換金率でショッピング枠現金化ができる
  • ポイントが貯まる
  • クレジットカード会社にバレることがない

というメリットがあり、日常生活においても有効に利用できるでしょう。

しかしながら反面、

  • 手間と時間がかかる
  • 何回も利用できる方法ではない
  • バレると信用を無くす
  • 手にできる金額が少ない

というデメリットがあることには注意しなければいけません。

現金化業者の利用も検討しよう

飲み会を使ったショッピング枠現金化は自分でできるのが魅力です。

ただ上記のようなデメリットがあるため、

  • 今すぐにお金が必要
  • 数万円単位の高額なお金が欲しい
  • 誰にもバレたくない

というのであれば、現金化業者のご利用がオススメです。

現金化業者を利用すれば、手数料はかかってしまいますが、

  • 申し込みから10分程度でお金を手にすることができる
  • ショッピング枠次第では10万円前後のお金を手にすることも可能

といったメリットがあります。

状況に応じて、現金化業者の利用も検討してみましょう。