ショッピング枠を現金化する方法&換金率の高い商品を紹介!

クレジットカードと南京錠 ショッピング枠現金化の基本
この記事は約7分で読めます。

ショッピング枠現金化をお考えの方のために、ショッピング枠を現金化する方法を2通り解説して参ります。

また自分でショッピング枠現金化をする際にオススメな換金率の高い商品も合わせてご紹介します。

ショッピング枠を現金化する方法は2つ

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は2つあります。

1つは自分でショッピング枠を現金化する方法と、もう1つは現金化業者と呼ばれる専門の業者を利用し、ショッピング枠を現金化する方法です。

それでは2つの方法について、具体的な仕組みやメリット・デメリットについて見ていきましょう。

自分でショッピング枠を現金化する方法

クレジットカードを差し出す人

自分でショッピング枠を現金化する方法の仕組みは「転売」です。

クレジットカードで何かショッピングしたものを、転売してお金に換えればショッピング枠を現金化することができます。

ただ自分でショッピング枠を現金化する場合は、どんな商品を転売するかが重要です。

人気が低く知名度のない商品を転売しようと思っても、誰も買ってはくれません。

次にどのような商品がショッピング枠の現金化に向いているのかを見ていきましょう。

①ブランド品を使ったショッピング枠の現金化

ブランド品は世界的にも知名度や人気が高く、金額も高価です。

高換金率で転売をすることができ、多くのお金も手にすることができます。

ただ一概にブランド品と言っても、種類は様々です。

中古のブランド品を使ってショッピング枠現金化をするのであれば、ブランド品でも衣類品は控えた方がいいでしょう。

またブランド品にも流行り廃りがあり、買取専門店によっても買取価格が異なります。

そのためブランド品を使ってショッピング枠を現金化する場合には、ある程度事前にリサーチをする必要があるでしょう。

オススメの商品としては、シャネルやブルガリ、エルメス、グッチなどハイブランドのカバンや腕時計、アクセサリーが挙げられます。

②新幹線の回数券を使ったショッピング枠の現金化

新幹線の回数券は需要が高く、利用頻度も高いため高換金率でショッピング枠の現金化に利用することができます。

金券ショップに持っていけば95%前後の換金率で買い取ってもらえるため、自分でショッピング枠現金化をする場合の定番商品と言えます。

反面、ショッピング枠現金化を禁止しているカード会社が厳しく購入を見張っている商品です。

クレジットカードが利用停止になる可能性も高いため、新幹線の回数券を大量に購入するのはやめましょう。

③Amazonギフト券を使ったショッピング枠の現金化

Amazonギフト券はAmazon内の買い物に利用することができるため、プレゼントなどにも使われている商品券です。

利用者・需要ともに高く、ネット上でも高値で売買されています。

Amazonギフト券はAmazon内で購入することができます。

カードタイプのAmazonギフト券とデジタルデータであるEメールタイプのAmazonギフト券がありますが、持ち運びや盗難のリスクを考えたらEメールタイプのAmazonギフト券の購入がオススメです。

購入したAmazonギフト券は専門の買取業者やネットオークションなどで転売しましょう。

前述の通りAmazonギフト券は需要が高いため、90%を超える換金率で転売することができます。

またコンビニなどでもAmazonギフト券は売られていますが、クレジットカード現金化防止のために、クレジットカードで購入することはできません。

この点にご注意ください。

④家電製品・ゲーム機類を使ったショッピング枠の現金化

最新の家電製品やゲーム機も、人気が高く高値で転売することができます。

特にゲーム機はハードもソフトも需要が高く、可能であれば海外向けに転売することも可能です。

また最新の商品でなく中古品であっても、マニアが欲しがる商品ならば、定価より数倍高い価格で売れることもあります。

ただ家電製品やゲーム機類は買取専門店ですと、買い叩かれることもしばしばです。

思い切って、高値で転売しようとお考えならばネットオークションを利用して現金化をするのがいいでしょう。

自分でショッピング枠現金化を現金化するメリット

自分でショッピング枠の現金化をするメリットは、現金化業者を使わなくて済むという点です。

現金化業者に余計な手数料を取られることがなく、多くのお金を手にすることができます。

Amazonギフト券や新幹線の回数券ならば、90%を超える高換金率でショッピング枠現金化が可能ですし、ゲーム機やブランド品はマニア相手に元値の数倍の価格で売れることもあります。

自分でショッピング枠を現金化するデメリット・注意点

自分でショッピング枠の現金化をする場合には、知っておかなければならないデメリットや注意点もあります。

具体的には以下の点に注意しましょう。

  • クレジットカードが利用停止になる
  • 手間と時間がかかってしまう

順番に解説していきます。

①クレジットカードが利用停止になる

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、クレジットカード本来の使い方ではありません。

そのためカード会社はショッピング枠現金化を禁止しており、現金化をした人には厳しいペナルティが課せられてしまいます。

その1つがクレジットカードの利用停止です。

またカード会社はショッピング枠現金化を見破るために、換金性の高い商品の購入を厳しく見張っています。

上記でご紹介したブランド品や新幹線の回数券、Amazonギフト券、ゲーム機類は換金性の高い商品であるため、ショッピング枠現金化に利用するとすぐにカード会社にバレてしまう可能性があります。

②手間と時間がかかる

自分でショッピング枠現金化をするには、手間と時間がかかります。

まず換金性の高い商品を購入し、手元に用意しなければいけません。

都心部にお住いの方ならブランド品やゲーム機類などは簡単に手に入るでしょうが、地方にお住いの方は換金性の高い商品を購入するのは難しいでしょう。

また購入した商品を転売するにも、手間と時間がかかります。

買取専門店に商品を持って行ったり、ネットオークションに出品する必要があるため、すぐに換金することはできません。

以上のように自分でショッピング枠現金化をする方法は時間がかかるため、当然ながら即日でお金を手にすることは不可能です。

いますぐにお金が必要…という方は、自分でショッピング枠の現金化をすることはオススメできません。

現金化業者を使ってショッピング枠現金化をする方法

財布とコインを写す虫眼鏡

ショッピング枠の現金化は、現金化業者を利用しても行うことができます。

現金化業者を利用すれば、自分で商品を購入する必要がないため、手間と時間がかかりません。

ネット型現金化業者を利用すれば、スマホから申し込みができ、申し込みから10分程度でお金を手にすることも可能です。

またショッピング枠現金化に使う商品は、パワーストーンなど換金性の低い商品であるためカード会社に目をつけられることもありません。

安全に速くお金を手にしたいのであれば、現金化業者の利用がオススメです。

まとめ

クレジットカードで購入した商品を転売すれば、自分でもショッピング枠現金化をすることができます。

自分でショッピング枠現金化をする場合には、換金性が高い以下の商品を参考にするといいでしょう。

  • ブランド品
  • 新幹線の回数券
  • Amazonギフト券
  • 家電製品・ゲーム機類

特に新幹線の回数券やAmazonギフト券ならば、人気が高いため90%を超える換金率でショッピング枠現金化をすることができます。

しかしながら上記の商品はカード会社が購入を厳しく見張っている商品でもあります。

カード会社にショッピング枠現金化がバレてしまうと、クレジットカードが利用停止になったり強制退会になってしまう可能性もゼロではありません。

また自分でショッピング枠現金化をすると手間がかかるというデメリットもあります。

そこで安全かつ速くショッピング枠現金化をするのであれば、現金化業者を利用するようにしましょう。

現金化業者を利用すれば、来店不要で申し込みから最短10分程度でお金を手にすることができます。

また購入する商品は換金性の低い商品であるため、カード会社にクレジットカードのショッピング枠現金化がバレる心配も不要です。