ショッピング枠の現金化とは?仕組みからメリット・危険性を解説

クレジットカードでカバンを購入する ショッピング枠現金化の基本
この記事は約7分で読めます。

ショッピング枠現金化とは、クレジットカードさえあれば誰でも簡単にお金を手にすることができるサービスです。

今回はショッピング枠現金化とは何か、具体的な仕組みからショッピング枠現金化をするメリットやデメリット(注意点)を詳しく解説して参ります。

ショッピング枠現金化をお考えの際には、ご参考にしてみてください。

ショッピング枠の現金化とは?

財布にクレジットカードをしまう

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードについているショッピング枠を現金化して、お金に換えるという方法のことです。

クレジットカードには元々キャッシング枠が設けられており、キャッシングを利用することで借金をすることができます。

一方でショッピング枠現金化は、キャッシングではなく買い物に使うショッピング枠を現金化します。

そのためショッピング枠現金化は借金ではありません。

金融ブラックになってしまった方や信用情報が低い方、借金をしたくない方でも問題なく利用することができます。

それでは次に、ショッピング枠を現金化する方法について詳しく見ていきましょう。

ショッピング枠を現金化する方法

ショッピング枠は、買い物をするための枠です。

そのためショッピング枠は買い物をすることで現金化をすることができます。

具体的には、以下の通りです。

  1. クレジットカードで商品を購入する
  2. 購入した商品を転売する
  3. 転売したお金を手にする→ショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化をするときには、商品選びが重要です。

需要が高く換金性の高い商品を利用すれば、高換金率でショッピング枠を現金化することができます。

一方で人気のない商品や価格が安い商品を現金化しても、それほど多くのお金を手にすることはできません。

そこでショッピング枠現金化をする際には、以下の商品がオススメです。

  • ブランド品
  • 新幹線の回数券
  • 商品券(Amazonギフト券など)
  • 家電製品・ゲーム機類

特に新幹線の回数券やAmazonギフト券は換金率が高く、90%を超える高換金率でショッピング枠現金化をすることができます。

ショッピング枠現金化のメリットとは?

自分でクレジットカード決済をする

ショッピング枠の現金化は、キャッシングやカードローンといった借金を利用するよりも、多くのメリットがあります。

具体的には次のようなメリットがあります。

  1. 信用情報が低くても利用できる
  2. 誰にもバレない
  3. 利用した日にお金を手にすることができる

詳しくみていきましょう。

①信用情報が低くても利用できる

ショッピング枠現金化は買い物をして転売するだけなので、借金ではありません。

そのためショッピング枠現金化を利用する際に、審査は不要です。

金融ブラックの方やフリーターの方など、信用情報が低い方でもショッピング枠現金化を利用することができます。

同時にショッピング枠の現金化を利用しても、信用情報に記録されることがありません。

住宅ローンやカードローン審査に悪影響を及ぼすことはなく、安心して利用することが可能です。

②誰にもバレない

借金をすると家族の方や職場の方にバレてしまう可能性はゼロではありません。

一方でショッピング枠現金化はただの買い物です。

そのため誰にもバレずにお金を手にすることができます。

③利用した日にお金を手にすることができる

ショッピング枠現金化は前述の通り、審査がないため利用したその日にお金を手にすることができます。

そのためお金の支払い日に追われているケースでも、高い利便性を発揮します。

ショッピング枠現金化のデメリット・危険性とは?

グーグル検索でショッピング枠現金化のデメリットを調べる

ショッピング枠現金化には以上のようなメリットがある一方で、デメリットや危険性も存在します。

具体的には以下の点が注意点として挙げられます。

  1. 手数料(金利)が高い
  2. クレジットカードが利用停止になる
  3. 悪徳業者が存在する

順番にそれぞれ見ていきましょう。

①手数料(金利)が高い

上手く商品を転売できたとしても、買取手数料が発生するため100%の換金率でショッピング枠現金化をすることはほぼ不可能です。

またショッピング枠現金化は借金ではないものの、買取手数料分を金利として計算すると、非常に高金利になってしまいます。

仮に90%の換金率でショッピング枠現金化ができたとしても、10%分の手数料を金利として換算すると、

10%×12ヶ月=120%

となります。

利息制限法で借入の際の上限金利は20%までと決められています。

比較してみてお分かりのとおり、ショッピング枠現金化の金利はキャッシングやカードローンに比べると非常に高いものとなってしまいます。

②クレジットカードが利用停止になる

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、カード会社は換金目的のクレジットカード利用を禁じています。

そのためクレジットカード会社にショッピング枠を現金化したことがバレてしまうと、クレジットカードの利用停止処分を受けてしまいます。

悪質なケースと判断された場合には、ブラックリスト入りやカード残高の一括返済といったペナルティも課せられてしまうかもしれません。

くれぐれもショッピング枠現金化をする際には、カード会社にバレないように気をつけてください。

③悪徳業者が存在する

ショッピング枠現金化を行う現金化業者の中には、ヤミ金業者や詐欺グループも少なからず存在しています。

ヤミ金・詐欺業者を利用してしまうと、

  • 手数料を高く取られる
  • 恐喝・恫喝され、無理やり契約をされる
  • 現金化したお金が入金されない
  • 個人情報やカード情報を悪用される

といった被害にあってしまいます。

くれぐれも現金化業者を利用する際には、安全性や現金化実績を調べてから申し込みをするようにしましょう。

安全にショッピング枠現金化をする方法

クレジットカードを手渡す人

ショッピング枠現金化は上手く利用すれば便利な金策ですが、注意点や危険性も多い方法です。

そこで最後に安全にショッピング枠を現金化する方法をご紹介します。

①少額のショッピング枠現金化に留める

高額なショッピング枠現金化をしてしまうと、カード会社の目に留まりやすくなり、クレジットカードが利用停止になってしまいます。

そこでショッピング枠現金化をする際には、少額の利用に留めましょう。

②換金性の高い商品を購入しない

Amazonギフト券やブランド品、新幹線の回数券といった商品はカード会社が厳しく購入を見張っている商品です。

カード会社にショッピング枠現金化がバレる可能性が高いため、換金性の高い商品は購入しないようにしましょう。

③クレジットカードの支払いを滞納しない

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、カード会社から「お金に困っている」と目をつけられてしまいます。

お金に困っている人はショッピング枠現金化を行う可能性が高いので、現金化予備軍としてより厳しくカード利用を見張られてしまうでしょう。

そのためくれぐれもクレジットカードの支払いは滞納しないようにしてください。

④優良現金化業者を利用する

優良店と呼ばれる現金化業者を利用すれば、詐欺やヤミ金の心配なく安心してショッピング枠現金化をすることができます。

優良現金化業者ならば、換金性の低い商品を用いてショッピング枠現金化を行うためカード会社にバレる心配はありません。

また商品は前もって現金化業者が用意しているため、利用者は申し込みをして即日内でお金を手にすることができます。

ショッピング枠現金化をする際には、優良現金化業者を利用しましょう。

まとめ

ショッピング枠現金化はクレジットカードさえあれば誰でも簡単にお金が手に入る便利な金策です。

「明日までにお金を用意しなければいけない…」

「借金はしたくない」

「ブラックリスト入りで借金ができない…」

という方々には、ぴったりと言えます。

しかしながらショッピング枠現金化をするときには、

  • カード会社の利用規約に反する
  • 悪徳業者が存在する

という注意点を理解するようにしてください。

そのため特に理由がない限りは、ショッピング枠現金化はオススメできません。

「どうしてもお金を用意しなければならない…」

という事態に立たされているのであれば、 【参考ページ】賢く安全にクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で安全面をよく確認した上でショッピング枠現金化を行うようにしてください。